ホーム > アロマディフューザー選びのポイント

アロマディフューザー選びのポイント

家庭でのアロマライフ定着にひと役買ったと言われるアロマディフューザー。かつては数万円もする高額商品が当たり前でしたが、最近では1万円以下のアイテムが次々登場しています。そんなアロマディフューザーを選ぶうえでのポイントをまとめてみました。

価格差は機能の差。なにが自分にとって必要か

香りの拡散は超音波が集流。吹き出し口がお花の形のこんなかわいいアイテムも

低価格化が進んだとはいえ、ディフューザーは決して安いものではありません。高いものでは数万円するものがまだまだある半面、5000円前後のアイテムも。高額なアロマディフューザーの中には、アロマならではのブランド感を出すためあえて高めに価格設定しているケースもあるようですが、通常こうした価格差は、機能による差と考えていいでしょう。

また、雰囲気を演出するライトも好感される傾向が強いようです。なにが自分にとって必要な機能なのかを判断し、あとは懐とご相談を(笑)。なお、アロマディフューザーの香りの拡散は、今や熱ではなく超音波でする方式が主流です。熱くならないので安心ですし、火を使わないので、子供やペットがいても安心して使用できます。

精油があらかじめセットになっていると便利&お得

編集部イチ押しのラサーナアロマディフューザー(詳細はこちら>>)には、精油はもちろん、お手入れ用タオルなどを同梱

基本的には「価格差=機能差」ではありますが、その他の同梱品にも留意しましょう。特に、多くのアロマディフューザーは精油(エッセンシャルオイル)が別売り。

しかし、あらかじめオーソドックスな香りのオイルがセットになっている商品もあり、初めてアロマディフューザーを使うという方にとってお得で、すぐにアロマディフューザーを使用できるので意外と便利です。アロマディフューザーをご購入する際にはぜひチェックを。

編集部イチ押し!
ラサーナアロマディフューザーの詳細はこちら>>

簡単取り扱い、楽々お手入れもポイント

それほど複雑ではないにせよ、アロマディフューザーは電気機器。取り扱いが簡単で、しかも使用後のお手入れが楽かどうかも長くアロマライフを楽しむうえでの重要なポイント。WSが実施した過去の調査でも、特に女性に多い「機械音痴」の方から「お手入れが嫌でやめてしまった」という声が聞かれました。対面販売で購入する際には、その辺りについて店員さんに十分ヒアリングすることをおすすめします。

デザイン性

癒しとともに、どこか優雅な気持ちにさせてくれるのがアロマの魅力。サロンばりの、とまでは言わないまでも、せっかくだから家庭でのアロマライフを満喫する際には、できるだけお洒落な空間を演出したいもの。そのためにはアロマディフューザーのデザイン性も重要なポイントです。デザインの好みは千差万別ですが、アロマディフューザーを置くお部屋(場所)にマッチしたデザインを選ぶといいでしょう。

最近注目のリードディフューザーとの違いは?

ところで最近、火や熱を使わない「リードディフューザー」が注目を集めています。リードという棒を精油入りのボトルなどに差し込むだけで香りを楽しむことができるため、愛用者が急増中で、AW編集部にも両者の違いについてのお問い合わせをいただく機会が増えてきました。

リードディフューザーに比べ電動式のアロマディフューザーは、速攻性が高く、パワーもあるため、広い空間に最適です。また、電動式のため運転時間を調節できるなどの利点があります。ご自身のライフスタイルに合わせて電動式か、リード式かを選びましょう。

リードディフューザー選びのポイント>>

AW編集イチ押し!アロマディフューザーはこちら

PAGE TOP