ホーム > アロマの基本

アロマの基本

アロマセラピーとは「芳香療法」という意味。精油の香りを活用して、「心と体のバランスを整える」ことを目的としています。

具体的には、アロマセラピーで精油の香りを吸収するのは、嗅覚だけではなく、例えばトリートメントを受けている皮膚であったり、場合によっては呼吸器そのものであったりすると考えられています。

嗅覚であれ、皮膚であれ、人がキャッチした精油の香りは、自律神経やホルモンのバランス、血圧、呼吸、情動などをコントロールする脳に届きます。この働きを活用した療法がアロマセラピーです。

とはいえ、精油は薬ではないので「この症状にこの精油」といったふうに、きっちり分類をするのは難しいことも事実。むしろ、生まれ育った環境や経験、今自分が置かれている立場、ライフスタイルなど、その時々に応じた最適な香りを探し出し、楽しむことが大切です。

PAGE TOP